些細

「常に時間に追われている」「粘着質な様々なお付き合いがすごく嫌だ」「先端技術や情報の高度な進化に追いつくのが大変だ」など、ストレスが蓄積される要因は人によって違うようです。
お酒に含まれるアルコールやお薬、化学的な食品添加物等の物質を酵素で分解し、無毒化する働きを解毒(げどく)と称しており、多機能な肝臓が果たす最も大切な役割分担のひとつだと言えるでしょう。
AIDSとはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症の病名で、免疫不全へと至り些細な細菌などが原因の日和見感染やガンなどを複数併発する病状そのものを指し示しています。
汗疱状湿疹とは主に手のひらや足の裏、指の隙間などに細かな水疱が現れる病気で、大抵はあせもと言い、足の裏に出来ると足水虫と間違う場合もままあります。
冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科治療としてはほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」と「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス手術」という両者の術式がよく使われています。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が動かなくても使用してしまうエネルギーのことを指していて、その大部分を体中の筋肉・一番大きな内臓である肝臓・脳の3種類で使うというのが今や常識となっています。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、様々なアミノ酸(Amino acid)をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源を燃やすのに必要な回路へ組み込ませるためになお一層細分化させるのをサポートする働きもあるのです。
痩せたいために1日の総カロリーを抑制する、食事をわざと残す、こうした暮らしが必要な栄養までもを不足させ、深刻な四肢の冷えを齎すことは、しょっちゅう言われていることなのです。
目と目を合わせることなどで、要介護者が猫のことを可愛らしいと感じた時に「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレスを減らしたりヒーリングなどに繋がっているといわれています。
バイキンやウィルスなど病気を連れてくる微生物、すなわち病原体が肺の中に忍び入り伝染し、肺自体が炎症反応を示している様子を「肺炎」と言います。
ヒトの耳の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分けることができますが、中耳付近に様々なばい菌やウィルスなどがうつり、炎症がみられたり、液体が滞留する病気を中耳炎と言います。
年々患者数が増加しているうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足することにより、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、強い倦怠感、疲労感、食欲低下、焦り、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図などの危険な症状が現れ、2週間以上続きます。
500以上もの働きを持つ肝臓に脂質やコレステロールが多く蓄積した脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、糖尿病を筆頭に多くの疾病の原因となるかもしれません。
収縮期血圧140以上の高血圧が長引くと、全身の血管に大きな負担がかかった結果、頭頂からつま先に至るまで色々な場所の血管に障害がもたらされて、合併症を併発する可能性が高くなるのです。
緊張型頭痛というのはデスクワークなどでの肩凝り、首凝り、張りが誘因の肩凝り頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような激しい頭痛」「重いような耐え難い痛さ」と表現されています。